仕事を請け負うことで働くSEの形態として、派遣社員で働く方法と、独立してフリーエンジニアになる方法とがあります。

どちらの方法でも、SEが現場で活躍するためは、速やかに高いスキルを発揮することが求められるのが特徴です。
どちらの場合でも、即戦力となってプロジェクトの進行や欠員が出た業務の穴埋め、既存のシステムの運用などを求められるのが基本であり、職場に出て働くタイプの仕事を選んだ限りでは要求される内容に大きな差はありません。
自分のスキルを生かしてすぐに現場に適応し、現場で求められていることに対応できて初めて活躍できるのです。

そのため、仕事内容をよく吟味して自分のスキルと照らし合わせることが重要になります。
もし不足しているスキルがある場合には、予め経験を積んだ上で現場に行くことが望ましいでしょう。
即戦力となったという事実が、次の仕事の依頼に直結する要素になるからです。

信頼を獲得しなければならないというのも、派遣社員とフリーエンジニアに共通している点です。
派遣会社から信頼されると高額の案件を紹介されるようになり、仕事の請負先から信頼されると独立したフリーエンジニアは新たに別の仕事を依頼してもらえると期待できます。
そのための基本は、自分のスキルに合っている仕事を手に入れることです。
速やかに戦力になれるように準備をしてから職場に向かうことが、どちらの場合にも求められています。