仕事を獲得する上では、ニーズが高いスキルを持っていることが重要です。
独立するときや派遣で働く場合に、SEは広く応用できるスキルを獲得しておくに越したことはありません。

IT業界における隆盛期にある分野で必須になっているスキルを習得するのが効果的であり、現状としてWebプログラミングの能力が広く求められています。
Webを基本としたプログラムを活用する分野が広まっているため、以前からWeb業界の分野以外でも基本的なSEのスキルとして重宝されるようになっているのです。

PHPを基礎として、JavaやRubyを本格的に使用できるようになると飛躍的に受けられる仕事の量が増えるでしょう。
IoTの登場により分野を問わずにWeb系のプログラミング言語の活用が行われるようになっているため、システム開発に携わる限りは欠かせない能力となってきました。

しかし、未だに自在に使いこなせるレベルのSEが少ないことから、独立したSEや派遣で働くSEから人材を起用して現場の実力不足を補おうとしている状況があります。
特に開発するシステムに応じて言語を選んでWebプログラミングを行えるレベルの人材が渇望されているため、一つの言語に限らない広いスキルを持っていることが重要でしょう。
既存のシステムの運用などの仕事に転向することも可能であり、SEからインフラエンジニアなどに方針転換するときにも大切なスキルになります。