SEが派遣で働くときには、多くの場合派遣前に主な業務内容についての明示があります。
しかし、派遣されてみると、その現場の上司から別の業務を求められることもよくあります。
状況に応じて人材が足りていないところで活躍して欲しいと望まれやすいのが特徴であり、現場からの要求に応じて柔軟に仕事をこなしていけることが重要です。
これは独立してフリーエンジニアとしてシステム開発に携わる場合でも同様であり、クライアントからの要求への柔軟な対応力があると、貴重な人材として認めてもらえるようになるでしょう。

契約の当初に予定されていた内容とは異なる業務を頼まれることもありますが、原則として契約外になる場合には断ることも可能です。
業務委託の範囲に応じて、その詳細は異なるでしょう。

しかし、たとえ契約上では行うはずがなかった業務であっても対応できる能力があるなら、クライアントの期待に応えると高い評価を受けられます。
想定外の要求をされたとしても、動じずに卒なくこなすように心がけるのがフリーエンジニアにとって重要になります。

派遣のSEも独立したSEも、多様なスキルを持っていて現場の需要に適切に対応できる能力が高いと期待されているのです。
たった一つのことができるだけでは働くのが難しく、様々な角度からプロジェクトに関わっていくことができる広いスキルを獲得しておくことが重要になります。
そうすることで、現場で求められる色々な業務への対応力が身に付くのです。