企業で勤めていたSEが独立したり派遣で働いたりすることを選んだ場合には、職場での立ち位置が大きく変化します。
ずっと一緒に働いていく同僚がいる状況で働けるのが常勤勤務の特徴ですが、それに対して一時的な働き方になるフリーエンジニアや派遣のSEは、受け入れてもらえるかで職場の状況が大きく変わるでしょう。

日常的に短期でしか働かない人材を確保している職場であれば、受け入れ体制がしっかりと整っていて速やかにほとんどの人が現場に順応できますが、そうではない現場も多いです。
どのような状況の現場であっても、うまく立ち振る舞いができる順応力の高さがSEに求められることになります。

フリーエンジニアや派遣で働いていると単独で働ける仕事を任される場合もありますが、多くの場合にはチームへの投入が行われているため、前向きにメンバーと関わっていかなければならなくなるでしょう。
突然現場に現れたよくわからない人という印象を受けてしまう場合もありますが、自分から積極的に中に入り人間関係を作り上げていくことが大切になります。
コミュニケーション能力を育んでおくことがフリーエンジニアや派遣で働く上で重要であり、SEとしてのスキルを磨くのと一緒に鍛え上げておくと効果的です。

コミュニケーションの機会としてセミナーなどを利用できるため、将来的に独立したいと考えているときには休日を利用して参加する方法もあります。