正社員としてIT企業や一般企業などで働くSEは安定して仕事をしやすく、給料もしっかりと手に入るので比較的安心して働くことができます。
それに比べると、派遣社員になったり独立したりしたSEは、仕事に対する不安を抱いてしまいがちです。
常に仕事が与えられる状況ではなくなってしまうからであり、新しい仕事を追い求めていく必要が生じます。
特に短期間での仕事が多いことから頻繁に仕事を探さなければならないとなると、いつかは見つけられなくなってしまうのではないかという懸念を抱くのももっともなことでしょう。

派遣で仕事を紹介してもらうときにも、独立して仕事を獲得するときにも、自分の能力が必要だと思ってくれる企業がいなければ仕事をすることはできません。
即戦力になることを前提にして人材を求めているのが派遣社員や独立して働いているエンジニアを探しているときには通常であり、能力的な不足がないように心がけなければならないのは確かでしょう。
仕事をした経験も評価されて次の仕事の採用に生かすことはできますが、新たにスキルを高めるという努力も行っていくことが肝心です。

ひたすら仕事ばかりをするのではなく、別に時間を設けてスキルアップに費やすことも必要になります。
少し先の将来のSEにどのようなスキルが求められているのかを調べてスキルアップを図っていくと、需要のあるエンジニアとして仕事を獲得できるでしょう。

しかし派遣の場合、年齢を重ねていくと、いくらスキルアップを図っても仕事を獲得し続けることが難しくなってくることも確かです。
長期にわたりSEとして活躍することを望む方は、独立する道を選んだほうが、仕事に対する不安を解消できるかもしれません。
その根拠となる情報はこちら***「派遣から抜け出してフリーエンジニアへ