電子書籍と既存の紙媒体について

昔はアナログの紙の本しかありませんでしたが、デジタル化が進んでいる現代は電子書籍がとても流行っています。電子書籍とは、パソコンや電子書籍専用のタブレットのようなもので本が読める物です。パソコンだとインターネットで無料で読めるものもあります。ですが電子書籍専用の物だとお金がかかります。そういったものはAmazonや楽天などの有名企業がこぞって発売しています。Amazonは「Kindle」、楽天は「kobo」という電子書籍を発売しています。どちらも有名企業なので、ご存知の方も多いかと思います。Kindleはとても評判がいいです。本当に紙の本で読んでいるような感覚だとか、書籍の種類が豊富だと言われています。最近までKindleのCMが放送されていて、そのCMを見るとKindleの質が良いことが分かります。どちらかというと、koboは名前自体あまり耳にしません。それほどKindleの方が有名で評判がいいのでしょう。どうしてこんなに電子書籍が流行っているのかといいますと、やはり様々なもののデジタル化が進み、楽に読める方に流れていったからだと思います。紙の本は、たくさんあれば分厚くなり持ち運ぶには不便です。それが、電子書籍なら一つの機械の中でたくさんの本を収めることができるのでとても便利なのです。外にいても気軽にかばんから取り出してさっと読み始めることができるので、紙の本のようなわずらわしさを感じずに済みます。ですが、機械が苦手な人や紙の本推進派の人たちはいまだに紙の本を読んでいると思います。電子書籍は、やはり流行に乗っている現代人が使っているイメージがあります。紙の本の匂いや指で触った時の質感が好きだという人は、紙の本を読み続けていることと思います。電子書籍も紙媒体もそれぞれの良さがあるので、どちらも大事にしたいですね。

 

電子書籍を利用して感じたメリット、デメリット

私は、電子書籍大賛成派ですが、やはりメリット、デメリットがありますので、双方について記載します。電子書籍を利用して感じた最大のメリットは、「大量の書籍を簡単に持ち運べ、外出先で手軽に読めること」です。紙媒体の書籍との大きな違いは、書籍がデータ化されていることです。データ化された電子書籍は、スマホ、タブレットにダウンロード可能なため、本を何冊持っても重たくなく、持ち運び可能で、収納スペースも必要ありません。読書好きの方には非常に大きなメリットです。私も電車待ち、旅行先などでの読書に重宝しています。また、電子書籍は、売り切れることもないし、多少(5%?20%くらい)安く本を購入できるメリットも有ります。一方、デメリットは「専門書のようなページを行ったり来たりしながら読み進めるタイプの本には向いていない」ことです。専門書を電子書籍で読んだことがあるのですが、専門書は数ページ前の図を使って説明することもあり、ペラペラとページを行ったり来たりしながら読むには向いていませんでした。更に詳細な図や表が使用されるとスマホでは表示される字が非常に小さくなり読みにくいです。ちなみに、マンガを読むときは、不便さを感じませんでした。更に、全ての書籍が電子化されているわけではありませんので、持っている本を全て電子書籍で揃えるということは出来ないのが現状です。まとめると、電子書籍を利用しつつ、専門書など一部の本では紙媒体の本とも仲良く付き合っていくのが良いのでは、と思います。